習い事の無料体験で2,500円貰える裏技はコチラ!

Z会幼児コースの感想・レビュー!年中5歳児の効果は?【体験談】

Z会【幼児コース】の 口コミ通信教育

この記事では、Z会幼児コースの感想を紹介しています。

 

☑この記事でわかること

  • Z会幼児コースを受講した我が家の感想
  • メリット、デメリット
  • コース別料金と期間限定キャンペーンの詳細

 

KENパパ親子
KENパパ親子

筆者は現在5歳男児の父親です。早稲田大出身でして、子供の勉強には力を入れています。幼児教材は7社を実際に試しました。

 

お得なキャンペーン情報が知りたい方はコチラもチェックしてみてください。

無料特典がかなり豊富です!

 

東大・京大受験にも実績のある「Z会」の幼児向けコース。

入会を検討しているなら、実際の利用者の口コミチェックは欠かせません。

 

でも公式サイトには良い感想ばかり…。本当に鵜呑みにしていいの?

 

そこで本記事では、息子が実際に幼児教材7社を利用した筆者が、Z会幼児コースの良し悪しを全てお伝えします。

要点をまとめると以下の通りです!

 

☑Z会幼児コースの感想

良かったところ悪かったところ
親子ワークの創意工夫が素晴らしい親子ワークで親が少し大変
毎月の添削指導で苦手が見つかる体験学習重視なためワークが少し簡単
無駄のないシンプルな教材子どもが好きなキャンペーンいない
知育効果のある付録も嬉しい少し学習到達度が遅い

 

本文では、我が家の体験レビューを写真付きでわかりやすく解説しているほか、受講者の皆さんのリアルな感想も詳しくご紹介しています。

 

この記事を読めばZ会幼児コースの全てが理解できますよ~!

 

 

KENパパ親子
KENパパ親子

お子さんのためにも、本当に入会すべきかどうか、是非我が家の経験を検討材料に是非お役立てください。

 

なお、Z会幼児コースは無料教材がもらえます。

かなりのボリュームなので、まずは無料で取り寄せてお子さんにやらせてみるのが一番効率的です。

現時点での腕試しにもちょうど良いですよ!

 

>>今すぐZ会幼児コースの無料教材をもらう

 

2020年4月追記 新型コロナウイルスの影響でZ会加入者が急増し、無料教材を取り寄せても時間がかかる場合があるそうです。なるべく早めに取り寄せておくことをおすすめします。

Z会幼児コースの感想・レビュー!年中息子がハマりました

早速、Z会幼児コースを受講した我が家の感想をご紹介します。

 

要点だけお伝えすると、以下の通りです!

  • 難易度は比較的簡単
  • その代わり知的好奇心を高めるワークが多い
  • 親子の体験学習がとても魅力的
  • 親子で一緒にやる時間を確保できるかどうかが鍵

 

文字だけだと伝わりにくいので、写真を多めに使ってみました!

メーン教材で頭が柔らかくなる

幼児コースは、「かんがえるちからワーク」がメーンの教材です。

 

まずはオーソドックスなひらがなの練習。

正直、これはどの教材もあまり代わり映えはしません。

Z会の特徴としては、鉛筆の持ち方も写真付きでわかりやすく解説している点です。

 

正しい花と葉っぱを選ぶ問題に、数字の問題。

Z会の問題は幅広いジャンルに富んでいます。

身の回りの生物や植物に関する問題も多いです。

 

あとZ会が重視しているのが迷路。

迷路の問題は、運筆を鍛えるのに効果的です。

 

書くだけじゃなく、シールを使ったワークも。

右側の「ころがるのはどちらかな」のように、頭を使わせる問題が多いのが特徴です。

体験を重視した親子の教材「ぺあぜっと」が目玉

「ぺあぜっと」は、親子で取り組むワークです。

これがZ会の目玉なんですが、メリットとデメリットがあります。

 

KENパパ親子
KENパパ親子

必ず親が一緒にやらなきゃいけないので、それが面倒だという方には敬遠されますね。ただ逆に言えば、貴重なお子さんの成長を一緒に見届けることができるというメリットでもあります。

 

たとえば、坂道でボールを転がして、どちらの方向に転がるか?を考えるワーク。

見ての通り、必ず親が一緒になってやってあげないといけません。

 

小学校でいう「実験」のようなワークなので、子供の好奇心をあおることや発想力の定着にはかなり効果がありそうです。

 

KENパパ親子
KENパパ親子

実体験って、子供にとってはかけがえのない経験ですからね。

 

一生忘れることのない体験ができるのはZ会ならではだと思いました!

年中以上の添削課題も貴重

その他、年中と年長は実際に提出する添削課題の「ぺあぜっとシート」、年少さんは絵本教材の「おでかけブック」があります。

添削が毎月できるのはZ会だけの強み。

小学校入学前に苦手を潰せるのは大きいです。

 

KENパパ親子
KENパパ親子

ここまでが、Z会幼児コースの我が家の感想です。ここからは他の受講者の皆さんの感想をお伝えしていきます。

 

ちなみに、無料教材では本教材と同じものが丸々お試しできます。

ワークの難易度とか親がどれくらい忙しそうなのかがすぐに実感できるので、是非取り寄せてみてください。

 

⇒今すぐZ会の無料教材をもらう

Z会幼児コースを受講しているみんなの感想

続いて、Z会幼児コースを受講している他の方の感想をまとめてみました!

 

今回はSNSを使い、利用者のリアルな口コミをご紹介します。

「良い感想」と「悪い感想」それぞれの感想をまとめると、次の通りです。

Z会幼児コースの良い感想

  • 教材内容が幅広い
  • ワーク以外で学べることが多い
  • 自分のペースでできる

 

Z会幼児コースの悪い感想

  • 簡単過ぎる
  • 親が付き添う必要がある
  • 量が少ない

 

もう少し細かく見ていきますね!

良い感想

良い感想から見ていきます。

良い感想では、「体験学習」の内容を評価する声が多いですね。

 

KENパパ親子
KENパパ親子

筆者も実際に利用して感じましたが、親子で時間を共有できるのって実はかなり貴重です。子供の成長を間近で見られるのは本当に嬉しいことですね。

悪い感想

もちろん、悪い感想もありました。

あまりマイナスな感想は多くなかったのですが、「簡単過ぎる」という理由で退会される方もいらしたようです。

 

KENパパ親子
KENパパ親子

確かに、他の教材と比べると、ワークの難易度は低いように感じました。その分、親子でのワークに時間が取られるので、将来を見据えた教材なんだなと実感できます。

体験してわかったZ会幼児コースのメリット・デメリット

ここまでZ会幼児コースのリアルな感想を見てきました。

我が家が受講した感想と、他の受講者の感想から分かるZ会幼児コースのメリットとデメリットを整理すると、次の通りです。

メリット

  • 親子で一緒に成長できる。
  • 子供の成長を間近で見ることができる。
  • キャラクターや付録に頼らない分、学習に集中できる。
  • 添削指導のお陰で苦手分野がわかりやすい。
  • 余計なおもちゃや付録で部屋が散らかることがない。
  • 一ヶ月単位で受講できる。

やっぱりZ会の一番の特徴は、親子でできるワークです。

普通のワークはさほど他の教材と変わらないんですが、「ぺあぜっと」は親子で時間を共有できる貴重な教材。

 

KENパパ親子
KENパパ親子

休みの日にお父さんと一緒にやるのもいいですね。

 

それと、年中以上には毎月の添削指導が付くのも大きいです。

添削指導はプロのアドバイスが貰えるので、素人では気づけない指摘でお子さんの苦手を潰すのに役立ちます。

デメリット

  • ワークの難易度が低い。
  • キャラクターや付録がない分、子供が興味を持ちにくい。
  • ワークの量が少なく、鉛筆の練習にやや不安がある。
  • 必ず親が一緒にやらなきゃいけない。
  • ぺあぜっとの時間を作るのが大変。

こちらも口コミであったとおり、最大のデメリットは、親が時間を確保しなきゃいけない点。

 

KENパパ親子
KENパパ親子

特に忙しい共働き世帯や下の子がいるご家庭だと、親子ワークの時間が取れず、Z会の良さがかえって負担になるかもしれません。

 

親子ワークを放置しちゃうとZ会の良いところが無駄になってしまうので、一緒にやるのが難しそうなら別教材に切り替えた方が無難です。

Z会幼児コースはこんな人におすすめ

ここからは、我が家の体験や口コミを通じてわかった「Z会はこんな人におすすめ」という特徴を挙げてみます。

 

☑Z会幼児コースはこんな人におすすめ

  • 目先の学力より将来を見据えて子供の好奇心を育みたい方
  • 座学よりも体験学習に重きを置きたい方
  • 知識よりも知恵やひらめき力を身に着けさせたい方
  • 親子で一緒に成長したい方

 

みんなの感想でも書かれていた通り、Z会は親子ワークが一番の目玉です。

幼児期にしか体験できない親子での取り組みを通じて、新しいものを発見する喜びや、柔軟性を養います。

意外と難易度は高くないので、「まだまともに鉛筆も握れない」といったお子さんでも十分取り組みやすい教材です。

 

なので、逆に言うと、一緒に取り組む時間のない忙しい親御さんには向かないと思います。

 

KENパパ親子
KENパパ親子

最終的には、親子で取り組める時間があるかないか、で決めるのがシンプルでわかりやすいです。

 

いずれにしても、ここまでご紹介した感想はあくまで我が家や他のご家庭のお子さんに限っての話。

実際にお子さんにやらせてみないとわからない部分は多いです。

 

なので、まずは無料お試し教材から始めてみることをおすすめします。

実際にお子さんとの相性もわかりますし、どれくらい親が手伝わなきゃいけないのかも一目瞭然です。

 

現時点での腕試しにもちょうどいいボリュームですよ!

 

>>いますぐ無料お試し教材を手に入れる

 

▼「資料請求すると勧誘が心配」という方は以下の記事をチェックしてみてください。

Z会の勧誘は、緩いどころか皆無だということがお分かりいただけるかと思います。

Z会幼児コースの料金とお得な最新情報

Z会幼児コースの月額料金は年齢別に違っていまして、以下の通りです。

コース名月額料金(税込)
年少コース1,870円
年中コース2,244円
年長コース2,431円

※12ヶ月一括払いの場合

 

Z会には、残念ながら明確な割引方法は存在しません。

 

しかし、無料資料請求をすると、お試しワークをタダでもらえるだけでなく、期間限定の特典が貰えるキャンペーンが定期的に開催されます。

 

最新のキャンペーン情報は以下の記事でまとめているので是非チェックしてみてください。

無料特典がかなり豊富です!

 

>>無料資料請求で期間限定特典をもらう

Z会と他の幼児教材との比較

もしほかの教材も含めて検討しているなら、以下の記事もご覧になってみてください。

項目別に特徴を比較しているので、ご家庭の教育方針にあった教材を選べますよ!

 

Z会とこどもちゃれんじの比較はコチラ

 

Z会とポピーの比較はコチラ

Z会幼児コースはお試し教材から始めよう

「Z会」と聞くとガチガチの受験用教材をイメージしていましたが、感想としては全然違いました。

幼児コースは「あと伸び力」を育むことに主眼を置いていて、机での学習よりも体験学習に力を入れています。

 

KENパパ親子
KENパパ親子

実際やってみた感想としても、小学校入学前の今だからこそやるべき体験学習が本当にしっかりしているなという印象を受けました。

 

☑Z会幼児コースはこんな方におすすめ

  • 目先の学力より将来伸びる力を育みたい
  • 親子で成長できる時間を共有したい
  • 添削指導で苦手を確認したい

 

とはいえ、本記事で紹介したのはあくまで我が家と他のお子さんの感想です。

まずは無料教材を手に入れて、お子さんにやらせてみてから判断するのがベストだと思います。

 

KENパパ親子
KENパパ親子

我が家では最終的には子どもがやるやらないの判断をしました。子どもが自分で決めたことだと、最後まで諦めずにやり通してくれますよ。

 

3分もあればすぐに終わるし、Z会は電話番号すら登録不要なので、サクッとお試ししちゃいましょう。

 

\期間限定の特典も貰える/

Z会幼児コースの無料教材をもらう

公式サイト:https://service.zkai.co.jp/

 

2020年4月追記 新型コロナウイルスの影響でZ会加入者が急増し、無料教材を取り寄せても時間がかかる場合があるそうです。なるべく早めに取り寄せておくことをおすすめします。

 

▼Z会のお得な特典情報が知りたい方はコチラ

 

▼他の教材と比較するならコチラ

 

▼年齢別のおすすめ教材をチェックするならコチラ

 

 

おすすめ幼児教材ランキングTOP3!(2020年最新)
こどもちゃれんじ

こどもちゃれんじは学習効果だけでなく、日常生活の常識やお友達との付き合い方、約束事など、幼児期に身に着けておきたい能力を最大限に養うことができます。教材の豊富さ、料金、楽しさなど総合面ではNo.1!無料のお試し教材のボリュームも満点で、やらなきゃ損するレベルです。教材選びに迷ったらこどもちゃれんじで間違いありません。

幼児ポピー

幼児ポピーの魅力はなんと言ってもコスパの良さ!月額1,000円前後とは思えないボリュームのワークが毎月届きます。余計な付録や玩具がないシンプルさも長年支持される理由です。「学習に集中させたい」「他の習い事もあるからなるべく費用を抑えたい」という方はポピー一択。無料教材も試せるので、お子さんの腕試しにもうってつけです。

スマイルゼミ幼児コース

人気のタブレット学習を選ぶならスマイルゼミに決まりです。ゲーム感覚で学べるので、机に向かうのが難しいお子さんでも楽しく続けられます。音声ガイドがわかりやすいお陰で、親がほとんど手をかける必要がない点も魅力です。難易度はやや易しめで、紙の教材と並行して受講するご家庭も多いようです。小学校でもどんどん導入が進むデジタル学習に幼児期から慣れておくのも得策です。

通信教育
スポンサーリンク
KENパパをフォローする
パパゼミ
タイトルとURLをコピーしました