習い事の無料体験・見学だけで1,500円貰えるキャンペーンはコチラ!

幼児ポピー「あかどり」のお試し教材レビュー!5歳児にとって難易度は?

幼児ポピー「あかどり」のお試し教材レビュー!5歳児にとって難易度は?

「幼児ポピーって評判いいけど、お試し教材には何が入っているの?」
「幼児ポピーの難易度はどのくらいなんだろう?うちの子でも大丈夫?」
「資料請求したらしつこい勧誘とかあるのかな…」

45年以上も愛されている老舗の通信教材「幼児ポピー」。

月額1,000円前後とは思えない圧倒的なコストパフォーマンスで今もなお大人気ですが、難易度としてはどのくらいなんでしょうか?

本記事では、幼児ポピー「あかどり」(年中用)のお試し教材を5歳児が体験したレビューを、忖度なしでまとめています。

単刀直入に言うと、幼児ポピーのお試し教材は「無料とは思えないくらいのボリュームと質」で大満足でした!

記事後半では、資料請求前後の流れや気になる勧誘の中身についても詳しくご紹介。

幼児ポピーについて詳しく知りたい方、どの幼児教材に入会しようか比較・検討中の方は、是非最後までチェックしてください!

この記事でわかること・幼児ポピーのお試し教材の内容
・幼児ポピーの資料請求前後の流れ

▼幼児ポピーの口コミや教材の概要が知りたい方はコチラをチェック!

【口コミ】幼児ポピーの評判はどう?料金やメリット、デメリットも徹底検証




幼児ポピー「あかどり」お試し教材に5歳児が挑戦

それでは早速幼児ポピー「あかどり」のお試し教材をレビューしていきます。(詳細なサービス内容が知りたい方は幼児ポピー口コミの記事をご覧ください)

※幼児ポピーは2~6歳を対象に、年齢別でコースが分かれています。今回レビューするのは4~5歳(年中)向けの「あかどり」コースです。

参考までに、挑戦者のスペックはこちら。

年齢:5歳(年中)

性別:男の子

ひらがな:読みは完璧、書きは練習中

数字:30程度までは数えられる。たし算引き算は指を使いながら練習中

会話:幼稚園の同級生の中ではトップクラスで達者

ちなみに同種の幼児教材は5社(幼児ポピー、こどもちゃれんじ、まなびWith、Z会幼児コース、がんばる舎)のお試し教材を同時並行で試してみました!

※難易度としてはどれも大差はありませんでした。強いて言えば、がんばる舎>Z会>幼児ポピー>こどもちゃれんじ>まなびWithの順に難しかったです(がんばる舎が一番難しい)。Z会とがんばる舎は少し興味が持ちづらかった印象でした。

幼児ポピー「あかどり」お試し教材の内容

幼児ポピー「あかどり」のお試し教材は、申し込みから約5日後に郵送で手元に来ました。

早速挑戦!

ひらがなの「書き」はかなり簡単です。

とても大きな字でなぞるので、初めてのひらがな学習にはもってこいですね。(うちの子は一冊ドリルやったのにこのレベル…)

まずは書き順や文字のバランスが大事になるので、これくらい大きく書く練習ができるとありがたいです。

続いては「かず」のお勉強。

左側にある野菜と同じ数だけ、右側に別添のシールを貼る作業です。

うちの子は数を数えることはできるので、難なくクリアしました。

ちなみにシールはこんな感じです。

幼児ポピー「あかどり」のお試し教材では、鉛筆を持つドリルよりも、シールを使ったワークの方が重視されていました。上記写真にあるケーキにデコレーションをするワークや、忍者をシールで隠すワークはとても楽しかったようです。

もちろん、資料には教材内容が全てわかるパンフレットも同梱されています。

いわゆる普通の案内パンフレットですが、入会する前に是非一度熟読したいですね。

 

\無料お試し教材はこちら!/
幼児ポピー公式サイト
※3分で登録完了します。

幼児ポピー「あかどり」お試し教材の良いところ・悪いところ

今回無料で幼児ポピー「あかどり」のお試し教材を取り寄せてみましたが、良かったところもあれば、「もうちょっとこうしてほしいな」という点もありました。

相対的にはとても満足ですし、何より無料なので取り寄せてまったく損はないのですが、参考までに使用感を載せておきます。

率直な感想は以下の通りです。

幼児ポピー「あかどり」無料教材の良いところ

  • 実際の有料教材と同じ内容が試せるのでイメージがつかみやすい。
  • シールでのワークが豊富。子供が楽しんで取り組める。
  • 資料請求から一週間以内には手元に届いた。

幼児ポピー「あかどり」無料教材の悪いところ

  • 本教材もそうだが付録が一切ないので、子供の関心を引けるかどうかがネック。
  • 正直もう少し鉛筆を使った「ドリル」の要素がほしかった。
  • キャラクターが一切登場しないので、子供が楽しく続けられるかが不安。
ただし、これはあくまで無料お試し教材での感想です。無料でこれだけ試せるのは魅力的というほかありませんし、後述するようにしつこい勧誘も一切なかったので、気になる方はまずは資料請求してみることをおすすめします。

幼児ポピーの資料請求の流れ

それではここからは幼児ポピーのお試し教材がもらえる資料請求の流れを解説していきましょう。

※お試し教材が貰える資料請求の流れは、全コース同じです。

まずは公式サイトに入ります。

スマホの場合、左上の「おためし見本申込」をクリック。

そこから必須項目(郵便番号、住所、希望コース、メールアドレス、電話番号等)の入力フォームに進むので、サクッと入力すればOKです。

だいたい2分くらいで完了します。

幼児ポピーの資料請求をすると勧誘はすごい?

資料請求が完了すると、おおむね1週間前後で資料一式が届くはずです。(地域や時期によって異なる場合はあるようです。首都圏にある我が家では5日くらいで届きました)

角型2号の封筒の中に、パンフレットと一緒にお試し教示が同梱されていました。

ちなみに、気になる勧誘ですが、資料到着から2週間後くらいに登録した携帯番号に電話がかかってきました。

名目は「資料の到着確認」で、女性から「その後いかがでしょうか?」と聞かれます。

正直に「ほかの教材と比較検討中です」と答えると、あっさり終了。着電から2分以内には切れました。

その後、月1~2回程度メールが来ますが、直接的な勧誘は一切ありませんので、あまり心配しなくても良さそうです。

幼児ポピーの料金

幼児ポピーの料金は以下の通りです。

月齢によって違いますが、年少(3~4歳)以下は980円、年中(4~5歳)以上は1,100円です。(いずれも税込)

たった1,000円前後で幼児学習として十分過ぎるほどの量を学べます。

完全白黒ドリルの「がんばる舎」(700円)には敵いませんが、こどもちゃれんじやZ会などと比べると圧倒的なコストパフォーマンスです。正直、倍でもいいくらいの教材だと思います。

余計な付録が一切ないシンプルさも、個人的には高評価です。

幼児ポピーのお試し教材は内容充実!気軽に資料請求しよう

幼児ポピーのお試し教材は、我が子は2日ほどでサクッと終わらせてしまいました。

感想をまとめると以下の通りです。

良いと思ったところ

  • 実際の有料教材と同じ内容が試せるのでイメージがつかみやすい。
  • シールでのワークが豊富。子供が楽しんで取り組める。
  • 資料請求から一週間以内には手元に届いた。

もう少しだと思ったところ

  • 本教材もそうだが付録が一切ないので、子供の関心を引けるかどうかがネック。
  • 正直もう少し鉛筆を使った「ドリル」の要素がほしかった。
  • キャラクターが一切登場しないので、子供が楽しく続けられるかが不安。

他の教材と比べると、お試し教材の「量」自体は少し不満でしたが、シールを中心に子供が飽きない工夫がされていて、全体的には大満足でした。

しつこい勧誘もなかったので安心ですね。

なにはともあれ、幼児ポピーの良し悪しを掴むのにお試し教材はとても便利です!

お子さんの腕試しにもちょうど良いですね。

入会するかどうかに関わらず、無料で簡単に試せるので、気軽に資料請求してみましょう。

 

\無料お試し教材はこちら!/
幼児ポピー公式サイト
※3分で登録完了します。