Familiarの高級ベビータオル(5,000円相当)が無料で貰える裏技はコチラ

ダイソーのひらがなドリルが凄い!あいうえお練習は100均で十分?

ダイソーのひらがなドリルが凄い知育に良いアイテムを見つける

ダイソーのひらがなドリルがめちゃくちゃ凄いです!

 

KENパパ親子
KENパパ親子

筆者は幼児教材10社を比較したほどの知育パパですが、あいうえお練習に関してはダイソーのひらがなドリルが最強だと結論付けました。

 

「所詮100均だし、効果ないでしょ?」と侮るなかれ!

ひらがながまともに書けなかった息子のあいうえおが上達したのは、間違いなくダイソーのドリルのお陰です。

 

我が家では息子が4歳のときにひらがな練習を始めました。

最初はまともに線も引けませんでしたが、ダイソーのひらがなドリルを日課にしたら、1ヶ月で小学校低学年レベルまで上達することができたんです。

 

本記事では、我が家でおすすめのダイソーのひらがなドリルの効果を写真付きで徹底解説しています。

お子さんのひらがな練習でお悩みなら、ぜひ本記事をお役立てください。

スポンサーリンク

ダイソーのひらがなドリルが凄い3つの理由

ダイソーのひらがなドリル

早速、我が家で絶賛おすすめしているダイソーのひらがなドリルをご紹介します。

「子どものためのひらがな練習帳」です。

 

ダイソーの文房具コーナーに売ってます。

サイズはB5なのでめちゃくちゃ小さいです。

開くとこんな感じ↓

ダイソーのひらがなドリル

最初になぞり書きがあり、マスの中には十字線があるドリル。

どこにでもあるような、一見普通のひらがな練習帳にしか見えません。

ダイソーのひらがなドリル

巻頭には線引きの練習がありますが、これも特に変わったことはなし。

 

一応、正しい姿勢とか鉛筆の握り方を解説してくれますが、これもどのドリルにもだいたいあります。

ダイソーのひらがなドリル

ダイソーのひらがなドリル

 

でも実は、ダイソーのひらがなドリルは100均とは思えないほど理にかなった教材なんです。

覚えていくひらがなの順番が効果的

まずあいうえお練習をするときに、最初に悩むのが「どの字から練習するべきか」ということ。

実際正解はなく、市販のドリルを見てもいろんなパターンがあります。

  • 「あ」から順に練習する方法
  • 名前の書き方から覚えていく方法
  • 簡単な字から覚えていく方法

 

このドリルは、 「基礎になる簡単な字から覚えていく」というスタイルです。

目次をごらんください。

ダイソーのひらがなドリル

 

ダイソーのひらがなドリルでは、以下の順番に覚えていきます。

 

☑ダイソーのひらがなドリルで覚えるひらがなの順番

  1. 「し」「つ」「く」「へ」「て」「の」
  2. 「い」「こ」「う」「り」「と」「ひ」
  3. 「ち」「ら」「に」「け」「せ」「え」
  4. 「さ」「き」「そ」「た」「ろ」「る」
  5. 「よ」「す」「ま」「な」「は」「ほ」
  6. 「ん」「か」「も」「や」「あ」「お」
  7. 「む」「め」「ぬ」「わ」「れ」「ね」
  8. 「み」「ゆ」「ふ」「を」

上記のとおり、簡単な字から徐々に覚えていくスタイルです。

 

実は、この順番がすごく大事

最初に「し」「く」といった、大きく曲げる簡単な字から覚えていき、徐々に細かいポイントのある難しい字に移行していきます。

すると、後ろの方の字を練習している間に、自然と簡単な字も上達していくんです。

 

また、「止める」「はねる」「大きく曲げる」といった、特徴が似ている字を一緒に練習するだけで、覚える速度が2倍にも3倍にもなります。

字の注意点がわかりやすい

この写真のように、どのページにも練習する字のポイントがわかりやすく書かれています。

「ななめに上がるよ」「横に潰しながらむすぶよ」といった具合に、親としても指導しやすいです。

おさらいもしやすい

ダイソーのひらがなドリル

各章の巻末には、単語と一緒におさらい練習をするページもあります。

 

ただ、これだけでは若干不十分なので、我が家ではマス目が大きい国語のノート(これもダイソー)での復習も追加していました。

ダイソーのひらがなドリル

 

こんな感じで、「ダイソーのひらがなドリル」⇒「ノートでおさらい」を毎日繰り返すと、1ヶ月くらいで小学校低学年並みに書けるようになりました。

スポンサーリンク

ダイソーのひらがなドリルの欠点

ダイソーのドリルの欠点

ここまでダイソーのひらがなドリルの魅力をお伝えしてきました。

ただし、残念ながら欠点もあります。

それは、この一冊だけじゃ楽しくないこと。

 

シンプルにひらがな練習をするには十分なんですが、子どもにとって最初のハードルは、字を書く以前に机に座ることですよね?

もっと言えば机に向かう習慣をつけるのもかなり苦労します。

机に座るのが苦手な子には?

通信教育を同時並行で受講すると、自分から進んで学習できる子になります。

 

うちの子も始めは、まともに机に座れませんでした。

最初は本屋で買った学研のドリルをやらせましたが、無理矢理やらせたせいか一切上達せず。

周りの子は手紙とか書けるようになってたので、比較するわけじゃないですが、結構焦りました。

 

でもちょうどDMで見つけたこどもちゃれんじの年中コース(すてっぷ)「ひらがななぞりん」という知育玩具に興味を示したので、入会することに。

こどもちゃれんじすてっぷ(年中)の感想・レビュー」で詳しく書いていますが、この教材はゲームで遊びながら字の練習ができるので、本当に遊び感覚で勝手に上達していくんです。

 

その結果、いろんなことに興味を示すようになり、毎朝自分から字の練習もするようになりました。

教材はお子さんとの相性があるので一概には言えませんが、楽しく学習する習慣をつけるなら、こどもちゃれんじを選択して間違いないと思います。

 

▼こどもちゃれんじの口コミ・詳細やお得なプレゼント情報はコチラ。

ダイソーのひらがなドリルであいうえお練習をしよう!

ダイソーのひらがなドリルが凄い

ダイソーのひらがなドリルは、100均とは思えないほどハイスペックな教材です。

我が家では通信教育教材と同時並行でやりましたが、短期間であっという間に上達していくのが目に見えてわかりました。

 

たぶん、どこのダイソーでも手に入ると思います。

お子さんのひらがな練習に悩んでいるなら、だまされたと思ってダイソーに行ってみてください。

 

▼学習習慣をつけるには通信教育がおすすめです。

無料教材を取り寄せるだけでお得なプレゼントが貰える教材もあります。

おすすめ幼児教材ランキングTOP3!(2020年最新)
こどもちゃれんじ

こどもちゃれんじは学習効果だけでなく、日常生活の常識やお友達との付き合い方、約束事など、幼児期に身に着けておきたい能力を最大限に養うことができます。教材の豊富さ、料金、楽しさなど総合面ではNo.1!無料のお試し教材のボリュームも満点で、やらなきゃ損するレベルです。教材選びに迷ったらこどもちゃれんじで間違いありません。

幼児ポピー

幼児ポピーの魅力はなんと言ってもコスパの良さ!月額1,000円前後とは思えないボリュームのワークが毎月届きます。余計な付録や玩具がないシンプルさも長年支持される理由です。「学習に集中させたい」「他の習い事もあるからなるべく費用を抑えたい」という方はポピー一択。無料教材も試せるので、お子さんの腕試しにもうってつけです。

スマイルゼミ幼児コース

人気のタブレット学習を選ぶならスマイルゼミに決まりです。ゲーム感覚で学べるので、机に向かうのが難しいお子さんでも楽しく続けられます。音声ガイドがわかりやすいお陰で、親がほとんど手をかける必要がない点も魅力です。難易度はやや易しめで、紙の教材と並行して受講するご家庭も多いようです。小学校でもどんどん導入が進むデジタル学習に幼児期から慣れておくのも得策です。

知育に良いアイテムを見つける
スポンサーリンク
KENパパをフォローする
パパゼミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました