習い事の無料体験・見学だけで1,500円貰えるキャンペーンはコチラ!

妊娠線がひどいと気持ち悪い?男の本音「正直、あまり抱きたくありません」

妊娠線がひどいと気持ち悪い?男の本音「正直、あまり抱きたくありません」

「妊娠線がひどくなってきたけど、男の人はどう思うのかな?」
「口では気にしないっていうけど、本音はどうなんだろう」
「妊娠線を消す方法ってあるの?」

出産前後の女性にとって大きな悩みの一つが妊娠線です。

あなたもお腹周りにできた独特の跡に悩んでいませんか?

特に多くの方が気になるのが、「妊娠線について夫はどう感じているの?」ということでしょう。

実は筆者の妻も、ひどい妊娠線に悩んでいた経験があります。

妊娠6ヶ月頃から目立ちはじめ、ミミズ腫れのようになってしまいました。

その時の経験を踏まえ、本記事では妊娠線を「視覚的」にどう感じるかという視点から、

「妊娠線についての男の本音」をまとめてみました。

 

それを踏まえた上でバッシング覚悟で申し上げますが、

男である私から見ても、妻の妊娠線は「気持ち悪い」というのが本音です。

今回検証した結果、ほとんどの男性が妊娠線に否定的であり、最悪の場合セックスレスにつながってしまうケースがあったこともわかりました。

誤解のないようにお伝えしておきますが、妊娠線は女性の勲章です。

仕方がないことはわかっていますし、妊娠線ごときで妻への愛情が薄れたなんてことは1ミリもありません。

ですが、妊娠線の有無どちらが良いかと聞かれれば、「無い方が良い」と答えるにきまっています。

妊娠線に対して「愛おしさ」を感じることはあっても、「美しさ」を感じることはないからです。

 

ちなみに、現在の妻は、とある妊娠線ケアのお陰もあり、スッキリと消えてなくなりました。

その妊娠線ケアの方法とは、「AFC」というマタニティクリームを使うことですが、記事の後半で詳しく説明していきます。

妊娠線に悩んでいる方にとっては、かなり参考になるはずです。

是非最後までご覧ください。

この記事でわかること・ひどい妊娠線についての男の本音
・妊娠線ケアに効く方法



妊娠線がひどいと気持ち悪い?当事者の夫が男の本音を答えます

妊娠線なんてできれば消してしまいたいところですが、男性自身はどう感じているんでしょうか?

私の妻は、だいたい妊娠6ヶ月頃から妊娠線が目立ち始めました。

イメージとしてはこれに近い感じです。

背中や脚も含め、妻は元々肌がキレイだったので、本当に嫌がっていました。

 

私自身も最初は「ママになった勲章だよ」と気にしない素振りを見せていました。

でも日に日に妊娠線がひどくなるにつれ、妻のお腹を見るたびに妊娠線が気になるようになり、正直あまり視線を落とさないようにしていました。

妊娠線は夫婦仲にも悪影響?セックスレスとの因果関係

はっきりと口にはしませんでしたが、「妊娠線がなかった以前の方が良かった」というのが男としての本音です。

私の方から「妊娠線のケアしなよ」とはなかなか言い出せず、モヤモヤしていたのを覚えています。

一番気になったのはやっぱり夜の営みです。

結婚から日が浅かったこともあり、安定期に入ってからは定期的に行為があったのですが…

お腹がバッチリ目に入ってしまうと、やっぱり気分は沈みました…。

もちろん受け止め方は千差万別ですし、中には「全く気にしない」という男性もいるかもしれません。

妊娠線についての本音は…

ですが、「妊娠線の有無どちらが良いか」と聞かれたら、男性なら100%「妊娠線は無いほうがいい」と答えるでしょう。

なぜなら、「行為」に対して神経質な男性は意外と多く、そのほとんどが「視認」できるものの影響だからです。

盛り上がっている最中に余計なものが視界に入ったり、「邪念」が入ったりしてしまうと、体が反応してダメになってしまうことは誰にでもあります。

極端なことを言えば、妊娠線がきっかけでセックスレスや勃起不全になってしまう可能性も十分あり得るのです

男も妊娠線は正直気になる!セックスレスの原因になる可能性も
スポンサーリンク

妊娠線がひどいと男は浮気する?

直接奥さんに向かって「妊娠線が気持ち悪いからなんとかしろ!」と言ってしまう男性はさすがにいないと思います。

ただし、やっぱりSNS上には男の本音が転がっていました。

前もって言っておきますが、これは妊娠線についてネガティブな発言を集めているものです。

当然、妊娠線の有無を全く気にしないという立派な男性だってたくさんいることを忘れないでください。

ただし、残念ながら妊娠線をきっかけに妻を女性として見られなくなり、浮気に走ってしまった一部の男性がいることも事実です。

妊娠線を言い訳に浮気するのは男として言語道断ですが、私の周りにも奥さんの妊娠中に浮気した経験のある男は複数人います。

(詳細は妊娠中に旦那が浮気しやすいのはなぜ?不安な今こそ注意したい3つのことをご参照ください)

旦那さんの反応には用心しておいたほうが良いかもしれません。

妊娠線がきっかけで浮気に走る男も!夫の反応には要注意
スポンサーリンク

女より男の方がひどい妊娠線を気にする理由

男性も女性も妊娠線は見慣れたものではないので、抵抗があるのは当たり前ですが、受け止め方には根本的な違いがあります。

「自分が妊娠しているか否か」です。

もちろん、女性にとっては自分の身体に不必要な跡が出てしまうので、気になるのは当然です。

ですが、お腹に命を宿していることで、どこか割り切ろうと考えられる部分があるようです。

しかし男性の場合、自分自身が妊娠しているわけではありません。

間もなく子供が産まれてくるという心構えはできていても、いざ産まれてみないとなかなか自分が父親になるという実感が湧かないものなんです。

 

妊娠線についても、頭で理解はしているものの、やっぱり愛する妻が急に「母親」になっていくような気がしてしまいます。

妊娠線に限ったことではありませんが、私の周囲には、奥さんの妊娠を機に「女性として見られなくなった」という人が何人もいるのも事実です。

 

男性は「妊娠」を実感できない!妻の見方も「女」から「母親」になってしまう。
スポンサーリンク

ひどい妊娠線が消えた!妻が実践した方法とは?

では、妊娠線を消すにはどうしたら良いのでしょうか?

世の中には妊娠線に効くとされる様々な方法が出回っていますが、ここでは妻が実際に使ったマタニティクリームをご紹介します。

それが「AFC」という化粧品会社と「日本予防医学研究所」が共同開発したクリームです。

色んな商品があるので妻も迷っていたようですが、雑誌に掲載されていたことでAFCの存在を知りました。

日本で一番売れている妊娠線対策の商品であることと、最終的には「日本予防医学研究所」が共同開発した点を信用しましたね。

だいたい妊娠8、9ヶ月目くらいのタイミングで購入したでしょうか?

一時期は、寝る前に私が妻のお腹にクリームを塗り塗りするのが日課となっていました笑。

産後も1ヶ月ほど塗り続けた結果、最終的には全く目に見えないほどキレイになりましたよ!

1個2,800円とマタニティクリームの中では安く手に入るので、妊娠線が気になる方は是非試してみてください。

 

\妊娠線がキレイに消えた!/
AFCの公式サイト
※売上日本一のマタニティクリーム



ひどい妊娠線は夫婦生活のためにも可能な限りケアしよう

今回は妻が妊娠線で悩んでいた経験を元に、男性目線で妊娠線についての率直な意見を述べてみました。

「出産に立ち会うと女性として見られなくなる」という感覚に近い気がしますが、やはり男性目線で言っても妊娠線はあまり気持ちが良いものではありません。

もちろん仕方がないことだと理解はしているし、そのせいで妻を愛せなくなるというのは極端すぎる話です。

しかし、今後も続けていくべき夫婦の「夜の営み」を考えたら、やはり妊娠線なんてないに越したことはありません。

もし妊娠線にお悩みでしたら、今後の夫婦生活のためにも早めに対策されることをおすすめします。

出産後の夫婦関係を左右する重要なことですので、一度真剣に向き合ってみてはいかがでしょうか。

 

\妊娠線がキレイに消えた!/
AFCの公式サイト
※売上日本一のマタニティクリーム