習い事の無料体験・見学だけで1,500円貰えるキャンペーンはコチラ!

母の日は妻へサプライズ!絶対泣かせる演出とおすすめプレゼント5選

母の日は妻へサプライズ!絶対泣かせる演出とおすすめプレゼント5選

【この記事は母の日に妻へのサプライズプレゼントを検討している方向けに書いています】

母の日を利用して、奥さんへのプレゼントを検討している子育て中のパパも多いと思います。

母の日と言えばカーネーションが定番ですが、それでは無難すぎてつまらない…。

かと言って、誕生日やクリスマスでもないので、高価なものを贈るのも難しいですよね?

私は5年前に子供が産まれてから、毎年欠かさず妻へプレゼントを贈っています。

そして、サプライズで泣かせることにも何度か成功しています!

今回は、母の日に妻へ贈るプレゼントでカーネーション以外のおすすめギフトをまとめてみました。

あっと驚くサプライズで妻を泣かせる演出も紹介しますので、是非参考にしてみてください。

この記事でわかること・母の日に奥さんを泣かせるサプライズ演出
・母の日に奥さんへ贈るおすすめプレゼント
スポンサーリンク

母の日は妻へサプライズでプレゼント!おすすめ5選と泣かせる演出

母の日は妻へのサプライズプレゼント

母の日に実母や義母へカーネーションやプレゼントを贈る方は多いと思います。

お子さんのいるご家庭では、奥さんへのプレゼントも用意してみましょう。

特に子供が産まれたばかりのご家庭では、奥さん自身が「母親」に成り立てなので、まさか自分が「母の日」にプレゼントをもらう立場になったとは思っていません

子育て1年目のパパにとって、母の日は奥さんを喜ばせるまたとないサプライズチャンスなのです!

私はパパになって5年目になりますが、妻へは毎年プレゼントを贈っています。

ここで大切なのは、「母の日」なのであくまで子供を主体に考えることです。

たとえお子さんがまだ赤ちゃんでも、ちょっとした工夫次第で奥さんを喜ばせることは十分に可能です。

今年の母の日には、出産や育児に奮闘している奥さんへ日頃言えない感謝の気持ちを伝えてみましょう。

母の日にサプライズで妻を泣かせる演出

クリスマスや誕生日、結婚記念日などであれば、あらゆる角度からのサプライズを仕掛けることができます。

しかし、母の日はあくまで子供が母親への感謝を伝える1日です。

したがって、お子さんから奥さんへのプレゼントという形を貫くのが重要なポイントとなります。

これまでに私が仕掛けた母の日のプレゼントの中で、効果的だったのは以下の2つです。

初めての母の日に効果的!一輪のカーネーション

子供が産まれてから初めて迎えた母の日に仕掛けたサプライズです。

用意したのは、たった一輪のカーネーションだけ。

我が家では子供が産まれてから初めての母の日には、たまたま両家が集まるタイミングでした。

その場で双方の母親に花束を渡し、ここまではごく普通の母の日です。

しかし、私はこっそりと一輪のカーネーションを別に用意していました。

そして、会合がお開きになったタイミングで、子供にカーネーションを握らせて「○○(子供の名前)からママにプレゼントだって」と手渡してあげました。

まさか自分が母の日にプレゼントをもらう立場になったと思っていなかった妻は、「そうか、私、お母さんになったんだね」と号泣。

翌年には2本、翌々年には3本と、カーネーションの本数を増やしていきました。

このサプライズは道端の綺麗な花を摘んでくるだけでも十分効果的だと思います!



即日配達・送料無料!カーネーションのプレゼントはコチラ

4歳頃からは手作りがおすすめ

子供が成長し、自分で何かを作れるようになってきたら、手作り作品をプレゼントしてあげるといいでしょう。

似顔絵でもいいですし、文字が書けるようになったら手紙を書かせるのもいいと思います。

ただ、なるべく幼稚園や保育園の母の日製作と被らない方がいいですよね?

そこで私が実践したのは「ハーバリウム作り」です。

妻が以前からハーバリウムに関心を寄せていたのもありますが、セットを購入すれば小さな子供でも充分に手作りすることが可能だったからです。

そして、実際に子供がハーバリウム作りをしている様子をスマホで動画撮影しておきました。

動画の最後に子供からの「ママいつもありがとう」というメッセージを添えると効果増大!

一生の宝ものになることでしょう。



⬆ハーバリウムのプレゼントはコチラ⬆

母の日のプレゼントはあくまで子供が主体!年齢に合った形のプレゼントを計画しよう

母の日の妻へのサプライズ作戦に気をつけたい注意点

母の日に奥さんへのサプライズを仕掛ける上で最も重要なのは、計画をバラさないことです。

奥さんの仕事の有無やあなた自身の働き方によって変わってきますが、プレゼントを用意するのはギリギリがいいでしょう。

もしくはネットショップを利用し、母の日当日に自宅へ届くように仕掛けるのも面白いかもしれません。

事前にプレゼントを用意する場合は、家の中でもバレないプレゼントの置き場所を確保しておく必要があります。

当然、お子さんへの口止めも忘れずに。

サプライズはバレたら台無し!計画は念入りに!

母の日におすすめ!妻へのサプライズプレゼント5選

母の日は妻へのサプライズプレゼントそれでは、母の日に妻へサプライズでプレゼントするのにおすすめのギフトをご紹介していきます。

今回は忙しくてプレゼント選びの時間が確保できない方向けに、手間を掛けずに選べるギフトを厳選しています。

母の日当日の着日指定をしておけば、サプライズがバレることもないのでおすすめです!

観葉植物

母の日と言えばやはりカーネーションが王道ですが、最近は特にこだわる必要もなくなってきています。

観葉植物であれば自宅のインテリアとしても活用できるのでおすすめです。

ちなみに、観葉植物として最近人気の「ピンク色の胡蝶蘭」の花言葉は「あなたを愛します」です。




⬆胡蝶蘭のギフトなら「華創庫」の品揃えが豊富です⬆

似顔絵

よく街で見かけるイラストレーターによる似顔絵を利用したことはありますか?

人生で一度は描いてもらいたいものですが、不特定多数の通行人の前にじっと座るのには勇気がいるもの…。

そこで、写真一枚でオリジナルな似顔絵を描いてもらえるサービスを利用してみてはいかがでしょうか?

奥さんだけの似顔絵でもいいですし、家族揃った写真をベースに描いてもらうのも喜ばれるでしょう。



⬆リアルな似顔絵から面白似顔絵まで格安で製作してくれます⬆

エプロン

母の日は、日頃のお母さんとしての役割に対して感謝の気持ちを伝える1日です。

したがって、エプロンのように家で使うものを贈るのがプレゼントにはふさわしいかもしれません。

母親なら誰しも家事や育児に辛くなる瞬間があります。

「迷った時には、俺からプレゼントしたエプロンを見て、嬉しい気持ちを思い出してほしい」

そんな願いを込めてみてはいかがでしょうか?

スイーツ

プレゼントだからと言って、形に残るものにこだわる必要はありません。

スイーツなら、プレゼントされて嫌な女性はいませんし、お子さんも一緒に食べられるのでおすすめです。

記念日スイーツで有名なアニバーサリーは、可愛いスイーツを揃えた母の日特集をしているので便利です!

きっと素敵な思い出になることでしょう。




⬆母の日スイーツならアニバーサリー⬆

万能洗剤

やや番外編ですが、子育て家庭向けに開発された万能洗剤をプレゼントしてみるのはいかがでしょうか?

恐らくほとんどのご家庭では、奥さんが洗剤を選んでいることと思います。

そして奥さんは「安さ」で洗剤を選ぶことが多いでしょう。

ですが、もし許されるのであれば、多少高くても便利で使いやすい万能洗剤を使ってみたいと考えているはずです。

ドルチボーレ ナチュラルウォッシュは、衣類にも食器にも野菜洗いにも使える優れものです。

日々の家事にもメリハリが出るので、きっと重宝されることでしょう。




⬆1本で『洗濯・食器洗い・浴室掃除・野菜&果物の洗浄』の4役!赤ちゃんとママのための万能洗剤⬆

母の日に妻へサプライズプレゼントする際の注意点

母の日のサプライズプレゼントで注意したいのは、奥さんに対しての愛情を忘れないということです。

女性はいつまで経っても「女性」としてありたいと考える生き物です。

人によっては「母」として見られることに抵抗がある方もいます。

一番最悪なのは、実母や義母と同じプレゼントをあげてしまうこと。

母の日は日頃の感謝を伝える貴重な機会ですが、あくまで「女として愛している」という気持ちを伝えることが重要です。

とは言え、サプライズを計画している時点で女性としては愛を感じられることでしょう。

一番大切なのは感謝の気持ちを真っ直ぐに伝えることですので、目的を見失わずにしっかりと計画を立てましょう。

実母や義母と同じプレゼントは絶対NG!母の日でも愛情を忘れずに

母の日に妻へ贈るサプライズプレゼントまとめ

母の日は妻へのサプライズプレゼントいかがでしたか?

今回は母の日に奥さんへのサプライズプレゼントを贈りたい方に向け、涙間違いなしの演出とおすすめプレゼントをご紹介しました。

特に子供が産まれたばかりのご家庭では、初めて迎える母の日は奥さんへの愛情を伝える大切な機会です。

今回は私が実際に妻を泣かせることに成功したサプライズを披露しましたが、一番大切なのはあなた自身が奥さんのことを考えてあげることにあります。

奥さんのことを誰よりもわかっているあなただからこそできるプレゼントであるならば、たとえサプライズでなくとも十分に気持ちは伝わるはず。

今年の母の日はお子さんの年齢に合わせたプレゼントを計画し、是非素敵な1日にしてくださいね。



⬆ギフトに迷ったら日本最大級のセレクトショップ「ギフトモール」が便利⬆

スポンサーリンク