習い事の無料体験・見学だけで1,500円貰えるキャンペーンはコチラ!

【子育てコラム】父親は出産に立ち会うべきか、否か?

【子育てコラム】父親は出産に立ち会うべきか、否か?

父親は出産に立ち会うべきか?

いよいよ出産が近づいてきたときに、夫婦の間で必ず議論になるテーマではないでしょうか。

「父親は出産に立ち会うべきか、否か?」

とても重たいテーマですし、答えなんてありません。

どちらにもメリット、デメリットはあります。

ちなみに私は出産に立ち合いませんでしたが、まったく後悔していません。

出産当時は、まだ会社を辞める前でした。

たまたま担当が比較的楽なポジションだったため、妻の出産が近くなると、まとまった休みを取ることができました。

なので、スケジュール的には立ち会うことは可能でした。

しかし、妻が入院していた病院には、立ち会いには「講習」の受講が義務付けられていたのです。

事前に妻とはもちろん、相談しました。周りの先輩パパにもアドバイスを受けましたが、意見は真っ二つに割れていました。

Aさん「あんなに感動する場面はほかにないぞ!なんていうか、神秘的なんだよな。俺はあれで人生観が変わったよ。絶対立ち会ったほうが良い!!」

Bさん「立ち会いだ?バカ言え、あんなにグロいものはないぞ。知らないだろうけど、ウンコだって出るんだからな。まだ結婚して間もないんだし、止めたほうが身のためだ。立ち会ったら二度と妻を抱けなくなる」

これだけ両極端だと、どちらに従えば良いのかわからなくなります。

個人的には、生涯二度とない我が子の生誕の瞬間を、しっかりと目に焼き付けておきたかったので、「立ち会いたい」と妻に申し出ました。

しかし、やはりまだ20代の妻にとっては、抵抗も大きかったのでしょう。

「苦しんでいる場面を見られたくない」との理由から、最終的には見送ることになりました。

出産には立ち会わなくても、得られた忘れがたき経験

出産の瞬間は、分娩室を隔てる扉の真横で迎えました。

我が子は2000グラムに満たない未熟児だったこともあり、出産自体はほんの15分ほどで終わりました。

扉を隔ててすぐのところで施術が行われていたため、妻のうめき声や、助産師さんの「ほら!頭が見えてきた!あとちょっとだ!」「とっても可愛い子だよ!もうちょっと!頑張って!!」という励ます声は、鮮明に覚えています。

心の中で「頑張れ!頑張れ!!」と祈り続け、初めて聞こえた弱々しい産声。

この瞬間のことは、いまでも思い出すと涙が出てきます。

我が子がこの世に誕生したその瞬間を、目撃することはできませんでした。

でも、そのお陰か、いまでも妻とは仲良しです。

「抱けなくなる」なんてこともありません。

事前に相談した上で決めたことなので、「あのとき私が苦しんでいたのに、あんたは!」なんて、妻から小言を言われることもありません。

「父親は出産に立ち会うべきか、否か?」

この難題に答えは決してありません。

けれど、我が子が生まれる瞬間は、後悔しても二度とやってきません。

夫婦で事前にしっかりと話し合い、二人で結論を出すのがベストでしょう。

⬇⬇出産時に夫がやるべきことをまとめた関連記事もチェックしましょう⬇⬇