習い事の無料体験で2,500円貰える裏技はコチラ!

ひらがなの読み書きは何歳から教える?遅れを取り戻す3つの学習方法

ひらがなの読み書き 何歳でできるのが普通?通信教育

「ひらがなの読み書きって何歳から教えたらいいの?」
「うちの子はいまだにひらがなを読めない(書けない)けど、遅れているんだろうか…」
「簡単にひらがなを覚えられる方法はないの?」

 

本記事では、「ひらがなの読み書きは何歳から、どのような方法で教えるべきか」について、専門家の考察をご紹介しています。

 

子供の成長具合に関する心配事は親にとって尽きません。

とりわけ「ひらがなの読み書き」については、幼稚園(保育園)に通い出す3~4歳頃から気になりますよね?

 

KENパパ親子
KENパパ親子

我が家には現在5歳になる長男がおりまして、ひらがなの「読み」は4歳の早い時期にマスター、「書き」は目下練習中です。あまりに出遅れているわけではなさそうですが…

 

幼稚園の同級生には4歳の早いうちからお手紙を書けている子も。

焦りがないかと言われると嘘になりますね…。

 

子供の成長は周囲と比較するものではありませんが、できるなら遅れを取らせたくないのが正直な親心。

 

ということで、「何歳くらいまでにひらがなの読み書きはマスターすべきか」について調べてみました。

記事の後半では、簡単にひらがなの読み書きができるようになる方法についてもまとめています。

 

お子さんの学習状況について大なり小なり不安のある方は、是非参考にしてみてください。

▼「うちの子は鉛筆の持ち方もまだ不安」という方はコチラもご覧ください。

ひらがなの読み書きは何歳から教える?専門家の見解

そもそも、ひらがなの読み書きは何歳くらいまでにできるようになるべきなんでしょうか?

『0・1・2歳児の心の育ちと保育』(小学館)など多数の著書があるベテラン保育士の今井和子氏は、

「5・6歳で46音が読めるのが一つの目安」

と語っています。(参考:ベネッセ「いつから?どこまで?ひらがなの読み書きお悩みTOP3」

 

また、乳幼児の発達に詳しい白百合女子大学人間総合学部秦野悦子教授によれば、

「小学校入学前までにひらがなを読めている子が9割」

を占めているとのことです。(参考:たまひよ「つい比べちゃう…ひらがなは何歳までに全部読めているといい?」

 

つまり、ひらがなの「読み」に関しては、年長さん(6歳)の間でマスターしておけば一般的には問題ないということになります。

何歳でどこまでできていればいいの?

幼児期の成長度合いはかなり個人差が大きく、同じ学年でも月齢や家庭環境によってバラバラです。

なので、あくまで参考程度ですが、小学館の幼児教材まなびWith(うぃず)「学習発達チェック」が一つの目安になりそうです。

☑年少さんの3つの目標

  1. 10まで数えられるようになろう
  2. ひらがなを読めるようになろう
  3. 机に向かってみよう

 

☑年中さんの3つの目標

  1. 1~10までの数字が書け、30まで数えられるようになろう
  2. 自分の名前が書けるようになろう
  3. 正しく鉛筆が持てるようになろう

 

☑年長さんの3つの目標

  1. たし算、ひき算の土台作りをしよう
  2. ひらがな・カタカナをマスターしよう
  3. 時計を読めるようになろう

 

まなびWith(うぃず)は幼児教材の中でも比較的進捗が早い部類に入ります。

したがって、年長さんの間にひらがな・カタカナまでマスターできれば、小学校に上がるまでの学習としては上出来だと言えるでしょう。

ひらがなの読み書きができるようになる3つの学習方法

先程ご紹介した白百合女子大学の秦野教授は、「小学校入学までにひらがなを読めなくても問題はない」としています。

小学校入学時には差があったとしても、3年生くらいになると、読解力や読むスピード差でほとんど個人差がなくなってくる、とのこと。

仮に今周りのお友達と比べて遅れていても、焦る必要はなさそうです。

 

しかし、そうは言ってもできるなら遅れは取らせたくないですよね?

そこで具体的にひらがなの読み書き学習に効果がある3つの方法をご紹介します。

  1. 絵本
  2. 知育玩具
  3. 幼児教材

この3つです。

細かく見ていきましょう。

絵本

絵本は、特にひらがなの「読み」の学習に絶大な効果を発揮します。

親が読み聞かせてあげる必要はありますが、何度か読んで話が頭に入ったら、お子さんに1人で読ませてみてください。

「これ何て読むの?」と聞いてくると思いますが、その都度教えてあげれば習得は早いですよ。

知育玩具

遊びながらひらがなの読み書きが学べる知育玩具も人気です。

最近は、1台でゲームから数字の勉強、挨拶など日常生活の基礎まで学べるPC・タブレット型の玩具が評判ですね。

我が家では、プログラミング学習も見込んでディズニーのPC型玩具を、4歳の誕生日プレゼントに購入しました。

好きなキャラクターに合わせて選ぶと良いですよ。

幼児教材

こどもちゃれんじ」を始めとした幼児教材も、ひらがなの読み書き習得にはうってつけです。

書き順や鉛筆に持ち方まで正しく覚えることができます。

我が家ではこどもちゃれんじを受講した途端、息子は2日でひらがなが書けるようになりました。

 

こどもちゃれんじは無料教材を配っているので、腕試しにはちょうど容易です。

 

こどもちゃれんじの無料教材をもらう

詳細記事を確認する

 

公式サイト:https://www2.shimajiro.co.jp/

ひらがなは何歳からでも覚えられる!焦らなくてもOK

本記事で紹介した専門家の先生は、「幼児期にひらがなの読み書きができなくても問題はない」と口を揃えています。

なので、もし今ひらがなの読み書きができなくても、全く焦る必要はありません。

  1. 絵本
  2. 知育玩具
  3. 幼児教材

ここで紹介した3つの学習方法を参考にしつつ、ひらがな練習にチャレンジしてみてください。

 

▼通信教育を考えているならコチラ

 

▼年齢別のおすすめ教材をチェックするならコチラ

 

 

おすすめ幼児教材ランキングTOP3!(2020年最新)
こどもちゃれんじ

こどもちゃれんじは学習効果だけでなく、日常生活の常識やお友達との付き合い方、約束事など、幼児期に身に着けておきたい能力を最大限に養うことができます。教材の豊富さ、料金、楽しさなど総合面ではNo.1!無料のお試し教材のボリュームも満点で、やらなきゃ損するレベルです。教材選びに迷ったらこどもちゃれんじで間違いありません。

幼児ポピー

幼児ポピーの魅力はなんと言ってもコスパの良さ!月額1,000円前後とは思えないボリュームのワークが毎月届きます。余計な付録や玩具がないシンプルさも長年支持される理由です。「学習に集中させたい」「他の習い事もあるからなるべく費用を抑えたい」という方はポピー一択。無料教材も試せるので、お子さんの腕試しにもうってつけです。

スマイルゼミ幼児コース

人気のタブレット学習を選ぶならスマイルゼミに決まりです。ゲーム感覚で学べるので、机に向かうのが難しいお子さんでも楽しく続けられます。音声ガイドがわかりやすいお陰で、親がほとんど手をかける必要がない点も魅力です。難易度はやや易しめで、紙の教材と並行して受講するご家庭も多いようです。小学校でもどんどん導入が進むデジタル学習に幼児期から慣れておくのも得策です。

通信教育
スポンサーリンク
KENパパをフォローする
パパゼミ
タイトルとURLをコピーしました