習い事の無料体験・見学だけで1,500円貰えるキャンペーンはコチラ!

ヤバイ、父の日忘れてた!遅れてでもプレゼントは渡すべき?

ヤバイ、父の日忘れてた!遅れてでもプレゼントは渡すべき?

穏やかな陽気とともに街一色が「母の日モード」になる5月と違い、どこか影の薄い6月の父の日

「ヤバイ!父の日って昨日(今日)だったんだ!すっかり忘れてた!」と困った経験がある方もいるのではないでしょうか?

気付いたときには既に日をまたいでいた…という場合でも、父の日のプレゼントは渡してあげるべきです。

今回は、「父の日忘れてた!」という緊急事態に使えるちょっとしたテクニックをご紹介します。

この記事でわかること・父の日が今日であることに気付いた場合の対処法
・緊急でプレゼントを用意する方法
スポンサーリンク

父の日を忘れてた!遅れてでもプレゼントは渡すべき理由

父の日を忘れてしまい、気付いたときには0時を回っていた…という場合でも、プレゼントはしっかりと渡してあげるべきです。

理由は、お父さんにとって「父の日」は意外と重要なイベントだからです。

私自身、自分が父親になって初めて感じたことですが、表向きは気にしていないように見えても、実は父の日当日って結構本人は意識しているものなんです。

自分の誕生日や、男性にとってのバレンタインデーに近い感覚でしょうか?

歳を重ねると誕生日なんて嬉しくありませんが、それでも誰からもお祝いの言葉がなかったら寂しいですよね?

父親にとっての父の日はそれと同じです。

プレゼントが欲しいわけでも、祝って欲しいわけでもないのですが、なんとなく「特別な日」という気分でいるんです。

父の日を忘れられるのはすごく寂しい

ですから、もし父の日当日に家族の誰からも何もされなかったら、やはりかなり落ち込むと思います。

場合によっては「自分は父親として間違っていたのだろうか…」と自己嫌悪に陥ることだって想像に難くありません。

もちろん、前もって父の日に何かしらのプレゼントを用意してあげるのがベストです。

しかし、万が一忘れてしまったという場合でも、気付いた段階でプレゼントを渡してあげてください。

1日遅れでも1週間遅れでも構いません。

その際、素直に「忙しくて父の日だと気付かなかった」とお詫びを入れつつ、「いつもありがとう」と感謝の気持ちを伝えてあげましょう。

家族から一言「ありがとう」と言って貰えるだけで、忘れられていた当日の寂しさなんて吹き飛んでしまいます。

父の日は父親にとって特別な日。当日忘れていても、後日確実にプレゼントしよう!

当日準備可!父の日プレゼントを急いで準備する方法

それでは、父の日の存在を忘れていたことに気付いた場合、大急ぎでプレゼントを準備するにはどうすれば良いのでしょうか?

ここでは3つの方法を紹介します。

①手紙を書く

ベタですが、最も気持ちが伝わる方法はやはり手紙です。

便箋1枚でもいいので、日頃の感謝の気持ちを直筆で綴ってあげましょう。

思いを直接口にするのは恥ずかしいですが、手紙なら遠慮なく書けるはず。

父の日当日の夜に気付いた場合には特に有効ですね。

②手料理を振る舞う

手料理も、父の日当日に気付いた場合に有効です。

プレゼントを何も用意していなくても、「今日父の日だよね!お父さんが好きなものを作ってあげる」と子供から言われれば、嬉しくないはずがありません。

もし当日に準備するのが難しくても、「今度の火曜日には私が作るから早く帰ってきてね!」といった形で数日以内に用意すれば、十分喜んでもらえるでしょう。

③マッサージをしてあげる

日頃の疲れを溜めているお父さんにとって、マッサージに勝る癒やしはありません。

肩や腰、足などいつも以上に念入りにマッサージしてあげれば、プレゼントなど用意しなくても喜んで貰えるに違いありません。

番外編:Amazonのお急ぎ便を利用する

どうしてもプレゼントを渡したいなら、Amazonお急ぎ便を利用するのがおすすめです。

既にプライム会員になっている方はお分かりでしょうが、Amazonなら最短で当日に届けてくれます。

もし父の日に気付いたのが朝一番なら、夜のうちに到着する商品が見つかるかもしれません。

遅くとも翌日には確実に用意できるので、近場に買い物に行くのが難しい方は是非この際登録しておきましょう。

>>>Amazonの会員登録はコチラ

父の日当日は忘れてもプレゼントは忘れずに!

父の日は、母の人比べるとどうしても忘れがちです。

お父さんとしても、父親と母親のありがたみに軽重があるわけではないことは、十分わかっているはずです。

それでも、やはり父親とすれば父の日を忘れられてしまうのはとても寂しいものです。

万が一忘れてしまった場合は、遅くなってもいいので、確実にプレゼントを渡してあげるようにしましょう。

この記事で紹介した手紙や手料理、マッサージなどは、当日の夜に気付いた場合に有効です。

どうしても形に残るものでプレゼントしてあげたい場合は、Amazon当日お急ぎ便なども活用しましょう。

最後になりますが、父の日で最も大切なのは、プレゼントではなく、感謝の気持ちを伝えることです。

「ありがとう」の一言が最高のプレゼントになることは忘れずに!

※2019年の父の日は6月16日(日)です!お忘れなく!

スポンサーリンク