習い事の無料体験・見学だけで2,000円貰えるキャンペーンはコチラ!

アンパンマンスポーツ育脳マットの口コミは?5歳児レビューと最安値情報【2019年最新版】

アンパンマンスポーツ育脳マットの口コミは?5歳児レビューと最安値情報【2019年最新版】

「アンパンマンのスポーツ育脳マットってどうなんだろう?口コミが知りたい!」
「アンパンマンの育脳マットは何歳くらいから使えるの?」
「買ったはいいけど、全然遊ばなかったら困っちゃうな…」

いまも昔も子供たちに愛されている「アンパンマン」。育脳マットを始めとした知育おもちゃも、子供たちへのプレゼントに大人気です。

でもいざ購入するとなると、まあまあ値が張るおもちゃなだけに、少し慎重になってしまいますよね?

そこで本記事では、我が家でも実際に購入したアンパンマン育脳マットの口コミ・レビューをまとめてみました!

 

この記事でわかること・アンパンマンスポーツ育脳マットの口コミレビュー
・アンパンマン育脳マットシリーズの適性年齢
・アンパンマン育脳マットシリーズの「育脳」効果
・各シリーズの違い
・最安値情報

育脳マットシリーズでは、既に色んな商品が登場しているので、各商品の特徴も比較しています。

もちろん、実際に利用しているご家庭の口コミも写真付きでご紹介しますよ!

ちなみに我が家では息子が1歳のときに購入しましたが、5歳になった現在でも遊んでいるほど幅広い年齢に対応しているのが魅力のおもちゃです。

お子さんやお孫さんへのプレゼント選びにアンパンマンの育脳マットを検討しているなら、是非最後までチェックしてくださいね!

アンパンマン育脳マットとは?シリーズ別商品比較


アンパンマン「育脳マット」は、テレビにAVケーブルを繋いで遊ぶおもちゃです。

テレビゲームのようですが、手で持つコントローラはなく、代わりにシートを足や手で踏むことで操作ができます。

製造元は株式会社ジョイパレット」。アンパンマン以外にもサンリオやNHKの「うーたん」「ワンワン」のキャラクターを使った知育おもちゃを販売していますね。(公式サイトはコチラ)

育脳マットは2011年頃からシリーズ化されていて、幼児運動学研究や脳科学の専門家が監修しています。

 

2019年10月現在、以下の4商品が発売されました。

「あそんで体力・集中力UP!スポーツ育脳マット」

・「1才半からの体幹☆脳力トレーニング みんなで!育脳マット」

・「ぴょんぴょん育脳マットスタンダード」

・「あたまもからだもトレーニング かぞくで!育脳マットDX」

現在おもちゃ屋さんや電気屋さんの店頭で手に入るのは最新シリーズ「スポーツ育脳マット」のみです。

しかし、その他のシリーズもAmazonなどのネットで購入することができます。

それでは一つずつ詳細を見ていきましょう。

アンパンマンスポーツ育脳マット

テレビにつなぐだけ!お子様から祖父母まで家族みんなで楽しめるスポーツ育脳マット!
マットの上に立って、2つのボタンを指示通りに足踏みしたりジャンプしたりと楽しく簡単に小さなお子様でも操作できます。(公式サイトより)

対象年齢:3歳~

サイズ:横1300mm×縦410mm×厚さ40mm

電池:単3×4本(別売り)

定価:9,800円

2019年10月現在、シリーズ最新作は「スポーツ育脳マット」です。2020年の東京五輪を意識したおもちゃでしょうか?これまでのシリーズと比べ、シートがかなり横長になりましたね。おもちゃ屋さんやデパートの店頭でも売られているはずです。

>>トイザらスオンラインストアで探す

アンパンマンみんなで!育脳マット

「みんなで!育脳マット」は、アンパンマンたちと一緒に遊べるテレビ接続型のゲーム機です。コントローラーがマット型になっているので、その上で手足を使って遊ぶことによって、身体を支える体幹力が鍛えられ、更に大脳にある前頭前野も同時に育てることができます。(公式サイトより)

対象年齢:1.5歳~

サイズ:横740mm×縦680mm×厚さ45mm

電池:単3×4本(別売り)

定価:12,800円

我が家では2015年にこの「みんなで!育脳マットを購入しました。シリーズで唯一1歳半から遊べます。
しかし現在では生産終了となっているので、ネットで手に入れるしかありません。

アンパンマンぴょんぴょん育脳マットスタンダード

対象年齢:3歳~

サイズ:横850mm×縦600mm×厚さ40mm

電池:単3×4本(別売り)

定価:7,800円

ご好評いただいた「ぴょんぴょん育脳マット」をより遊びやすく、お求めやすくリニューアル!監修は久保田競先生です。(amazon商品説明より)

オーソドックスで人気の商品でしたが、現在はネット販売のみとなっています。

アンパンマンかぞくで!育脳マットDX

人気の育脳マットのDXバージョン!!今度はふたりで遊べる!協力ゲームもついてくる!(amazon商品説明より)

対象年齢:3歳~

サイズ:横850mm×縦60mm×厚さ45mm

電池:単3×4本(別売り)

定価:19,800円

2人プレイができるのが売りの商品でしたが、現在では既に生産終了しています。

アンパンマン育脳マットシリーズの口コミレビュー

上述したとおり、我が家で購入した「1歳半からの体幹☆脳力トレーニング みんなで!育脳マット」は、既に生産が終了しています。

それでも基本的な仕様は各シリーズあまり変わらないので、これから紹介する使用感を参考にしてみてください。

SNSの口コミ

実際に育脳マットを購入した方の口コミをまとめてみました!

我が家も実感しましたが、体を動かすのが好きなお子さんにはもってこいだと思います。

ただあまりにも本気で跳ね回ると床に響くので、集合住宅の方は注意してくださいね。

適性年齢

おもちゃの対象年齢は一般的に、実態よりも広く書かれています。

公園の遊具なんかもそうですよね?

 

我が家が購入した「みんなで!育脳マット」も、対象年齢は1歳半からと記載されています。

しかし、さすがに1歳半ではゲームの内容を理解するのが難しすぎました。

実際にプレイできるのは2歳以降、できれば3歳以降といった感じです。

 

一方、年齢の上限に関しては、5歳ではまだまだクリアできないゲームもあります。

難易度の調整もできるので、小学校低学年くらいまでは十分楽しめる印象ですね。

 

実際の対象年齢は3歳から小学校低学年くらいまで!幅広く楽しめるので◎

アンパンマン育脳マットシリーズの知育効果

やはりゲームですので、「これで遊んでいれば知育や体幹トレーニングは完璧!」というのはさすがに無理があります。

 

ただ、TV画面に映し出された指示に従って、パネルの色を踏んだり、数字やキャラクターのパネルを手で押したりするので、3~4歳くらいの知育には役立つと思います。

最初のうちは、大人が一緒にプレイして「次は赤だよ!」「メロンパンナちゃんを踏んで!」と分かりやすく指示してあげるといいですね。

 

タイミングよくジャンプするゲームなんかは、実際の大縄跳びなどの運動と思考回路は同じです。

幼稚園・保育園児くらいのお子さんにはちょうど良いゲームですね。

 

3~4歳の知育にはおすすめ!初めは大人も一緒にプレイしよう

おすすめの保管場所

商品サイズは850×40×600(W×H×Dmm)となっていますが、マットは折りたたむことができるので、保管に場所を取りません

我が家ではクリスマスプレゼント用の袋に畳んで入れたまま、子供部屋に保管しています。

使うときにはTVの前でマットを広げる必要がありますので、2畳ほどのスペースは確保しておきましょう。

アンパンマンスポーツ育脳マットの最安値情報

2019年10月現在、アンパンマン育脳マットシリーズで通常販売されているのは「スポーツ育脳マット」だけです。

それ以外を新品で手に入れるには、Amazonや楽天で購入するしかありません。

ちなみに、スポーツ育脳マットの最安値を調べてみると以下の通りでした。

Amazon:7,364円(税込)

楽天:7,470円(税込)

トイザらス:9,716円(税込)

ビックカメラ:販売休止中

ヨドバシカメラ:9,530円(税込)

ヤマダ電機:売り切れ

Amazonが一番安かったので、家電量販店のポイント等を気にしなければAmazonで購入するのがお得です。

アンパンマンスポーツ育脳マットは口コミも良好!長く使える好アイテム

最後に改めてアンパンマン育脳マットシリーズの商品をおさらいしますね。

2019年10月現在、アンパンマン育脳マットシリーズで通常販売されているのは「スポーツ育脳マット」だけです。

それ以外を新品で手に入れるには、Amazonや楽天で購入するしかありません。

ちなみに、スポーツ育脳マットの最安値を調べてみると、最も安かったのはAmazonでした。

 

どの商品も、だいたい3歳頃から小学校低学年くらいまで幅広く楽しめます。

長く使えるので、ご兄弟のいるご家庭でも重宝すること間違いなし!

お子さんやお孫さんのプレゼントに検討してみてくださいね。

スポンサーリンク