習い事の無料体験・見学だけで2,000円貰えるキャンペーンはコチラ!

RISUきっずは無料体験できる?スマイルゼミとの違いや評判も徹底解説

RISUきっずは無料体験できる?スマイルゼミとの違いや評判も徹底解説

「タブレット型幼児教材のRISUきっずってお試し体験はできないのかな?」
「算数に特化って興味あるけど、効果はあるの?評判は?」
「タブレット教材だとスマイルゼミが有名。RISUきっずとの違いは?」

こんな疑問にお答えします。

 

この記事でわかること・RISUきっずをお試し体験する方法
・RISUきっずとスマイルゼミとの違い
・RISUきっずのリアルな評判

 

算数に特化した新しい幼児教材として注目されているRISUきっずですが、まだ情報が少ないです。

本記事では、幼児教材7社を実際に比較利用した筆者が、「RISUきっず」についての情報を網羅的にまとめています!

 

ちなみに、RISUきっずをお試し体験するならキャンペーンコードを使うとお得です!

 

こちらの特設ページから入ってキャンペーンコード【rss07a】と入力すると…

1,980円(税別)で1週間お試し利用することができ、

そのまま入会すれば無料になります!(期間限定先着50人限定)

 

>>お得な特設ページはコチラ

 

記事後半では、RISUきっず利用者15人の声を集め、良い評判と悪い評判をどちらもリアルに紹介!

同じタブレット型教材「スマイルゼミ」との違いも簡潔にまとめました。

 

この記事を読み終える頃には、RISUきっずについての疑問は解消されているはずですよ♪

RISUきっずの入会を検討している方はもちろん、お子さんの幼児教材選びに迷っている方は是非最後までチェックしてくださいね。

 

>>今すぐRISUキッズをお試ししてみる(1分完了)


公式サイト:https://www.risu-japan.com/

RISUきっずの基本情報

まずは「RISUきっずって何?詳しく知りたい」という方向けに、RISUきっずについての基本情報を見ていきます。(詳細は良いから口コミ・評判が知りたい!という方は読み飛ばして下さい)

 

教材名 RISUきっず
教材内容 算数の基礎のみ
月額料金(税込) 2,480円
運営会社 RISU

 

RISUきっずを運営している「RISU」は2014年設立の新しい会社。

RISUきっずは、算数に特化した幼児向けのタブレット型学習教材です。

2015年にリリースされて以来、NHKや朝日新聞を始めとするメディアで「将来役に立つ新しい教材」としてたびたび取り上げられるなど、一躍注目を浴びていますね。(詳細はRISUきっずホームページ

RISUきっずの教材内容

RISUきっずの主な教材内容は以下の通りです。

 

  • 数字の読み方
  • 数の読み方
  • どちらが多い?少ない?
  • 時計の見方
  • 足し算・引き算
  • 小1前半までの先取り学習
  • 東大生を中心とした個別添削

 

数字に慣れることが一番の目的です。

小学校1年生の前半くらいで習うレベルまで習得できるので、学校の勉強で出遅れることがまず無くなります。

 

東大生を中心とした個別添削もおすすめポイントですね。

RISUきっずが人気の理由

出典:学研ホールディングス学研教育総合研究所

学研の調査によると、小学生の嫌いな科目ナンバーワンはダントツで算数

特に早い段階でつまづいてしまう子が多いんです。

 

そんな子供の「算数嫌い」を解消すると期待されているのが「RISUきっず」!

 

対象年齢は「年中の後半から」となっているにもかかわらず、「小学校入学前の時点で1年生前半の算数をマスターできる」から、小1の学習でつまづく心配がなくなります。

 

勉強って一度つまづくと取り返すのに苦労します。何よりスタートが肝心ですからね。予め余裕を持って入学できるのは大きなメリットです。

RISUきっずをお得に体験する方法

冒頭でご紹介した通り、RISUきっずをお得に体験するには

キャンペーンコード【rss07a】

と入力すればOK。

 

RISUきっずはタブレットなので、本来は入会時に1年分の料金(29,670円)を一括で払わなきゃいけません。

月額計算にすると2,480円とさほど高くはないですが、いきなり3万円近い出費となると、結構ハードルが高いですよね…。

 

しかし2019年12月27日現在、ちょうど期間限定(先着50人まで)で、1週間のお試し体験キャンペーンを実施しています!

 

【お試しキャンペーンの詳細】
こちらの特設ページからキャンペーンコード【rss07a】と入力すると、1,980円(税別)で1週間お試し利用することができます。そのまま申し込めばもちろん無料です。

 

もちろん普通に入会してもいいですが、3万円も払って「全然うちの子はやらなかった」となるのは最悪。

なので、まずは1週間のお試し体験で操作性とか相性を確認してみるのがおすすめです。

 

先着50人なのですぐ終わっちゃうかもですが、以下のボタンから飛んで普通に飛べたらまだ大丈夫です。

 

\コードは【rss07a】/
RISUきっずキャンペーンサイトはコチラ
※おためし体験できます。

公式サイト:https://www.risu-japan.com/

 

注意!Wi-Fi環境はありますか?

RISUきっずはタブレット端末ですので、自宅でのWi-Fi環境が必要になります。もしご自宅にWi-Fi環境がないようなら今のうちに整えておきましょう。新規申し込みなら、SoftBank Airが15,000円のキャッシュバックがもらえてお得です。

RISUきっずの評判はどう?利用者の口コミ

それでは、RISUきっずの利用者からの口コミをご紹介していきます。

公式サイトでは良いことしか書かれていないので、今回はSNSでのリアルな評判をまとめてみました。

 

RISUきっずの入会を検討している方にはかなり参考になりますよ!

RISUきっずの良い評判

まずはRISUきっずの良い評判からご紹介します。

 

・「100点」と表示されるのが楽しくて黙々とやってます。(4歳・女の子)

・YouTubeにハマっていたのが、RISUきっずを始めた途端「おべんきょうする!」と言ってやる気満々になった。(4歳・女の子)

公文の体験教室はまったく興味を示さなかったけど、易しい問題から始まるのでどんどんハマってくれました。(4歳・男の子)

チューターさんからのフォロー動画で褒められるのが嬉しいみたい!めっちゃハマってる!(5歳・男の子)

・やればやるだけ次に進めるので、2週間で完全制覇しちゃいました。そのまま小学生用のRISU算数もできるので楽ちんでした!(5歳・男の子)

・やればやるだけ「がんばりポイント」がもらえます。ゲーム感覚でできるのが息子には向いていました。(6歳・男の子)

東大生のフォローメールで進捗状況が分かるのがありがたい。(6歳・女の子)

・紙の教材は全然やる気なかったけど、褒めてもらえるのがうれしくてどんどん取り組むようになりました。(6歳・女の子)

・勉強というより、ゲーム感覚でやってます。もう小学校の問題解けるようになってる!(6歳・男の子)

 

「小学校入学前から1年生の問題ができるようになった」という口コミが結構見つかりました。

ゲーム感覚でできるのも人気の秘訣なんですね。

さすがは最新型のタブレット教材といったところでしょうか。

 

子供の興味を上手に引きつつ、効果的な学習で成果を上げているようです。

RISUきっずの悪い評判

もちろんRISUきっずには、いくつかの悪い評判もありました。

 

3歳の子供にやらせたらさすがに5問目でギブアップ。ちょっと早すぎました。(3歳・女の子)

この時期はやっぱり鉛筆に慣れさせたほうが良いかな。算数は小学校に上がってからでも遅くないし。(4歳・女の子)

・やっぱり子供に電子機器を与えるのは良くない。長時間やってるけど頭に入っているのかどうか不安です。(5歳・男の子)

・東大生頭がいいからといって教えるのが上手いわけではないんだな。チューターの教え方じゃわかりにくいよ。(6歳・男の子)

・うちの子は結構飽きっぽいので、自宅学習は向かないかも。1週間の体験で辞めちゃいました。(6歳・女の子)

・いきなり29,760円の年間費を一括で払わなきゃいけないのがキツかった。まあ月額にして2,480円で手数料とかかからないし、トータルでは安いのでは?

 

良い口コミと比べて圧倒的に数は少なかったものの、いくつかのマイナス評価は避けられませんでした。

 

教材の内容に対する悪い口コミとしては、「タブレット型」という形式に抵抗がある方もいらしたようですね。

 

タブレット学習のデメリットはコチラの記事でまとめているので気になる方は目を通してみてください。

タブレット学習のデメリット10選!幼児がやるにはメリットが少ないって本当?

RISUきっずとスマイルゼミの比較

同じタブレット型の幼児教材と言えば「スマイルゼミ幼児コース」があります。

藤木直人さんのCMでもおなじみですね。

少しサービス内容を比較してみましょう。

 

【スマイルゼミの特徴】

学習内容は10種類(ひらがな、カタカナ、言葉、英語、ちえ、かず、時計、図形、生活、自然)

・文章読み上げ機能で操作を案内

・月額2,980円(税抜)

【RISUきっずの特徴】

学習内容は算数に特化

・東大生によるフォロー動画&メールで進捗を確認

・月額2,480円(税抜)

 

スマイルゼミは同じタブレット型の教材ですが、文字の読み書きや英語を学べる総合学習型の教材です。

一方、RISUきっずは算数に特化しているため、そもそもの目的が全然違います。

 

算数の勉強に特化したタブレット型教材はいまのところ他にありません。

お子さんの数学的力や論理的思考、読解力、応用力などを伸ばしたいなら、RISUきっずを選ぶと良いです。

 

※スマイルゼミについて詳しく知りたい方は、スマイルゼミ幼児コースの口コミも合わせてチェックしてみてください。

まとめ:RISUきっずを早速体験しよう!

RISUきっずはまだ新しいサービスなので、身近に利用している方は多くないかもしれません。

でも、本記事で紹介したとおり、口コミでも高評価が多く、「タブレット型」という新しい学習方法に抵抗がなければ、是非一度試してもらいたい教材です。

 

なお、RISUきっずのお試しキャンペーンは先着順で、50人限定となっています。

小学校に上がってから算数でつまづくことがないように、入学前からトレーニングを積んでおきましょう!

 

\キャンペーンコードは【rss07a】/
RISUきっず公式はコチラ
※おためし体験は50人限定、先着順です。

公式サイト:https://www.risu-japan.com/

 

▼幼児教材をこれから始める方は幼児教材おすすめランキングからチェック!

幼児教材ランキング2020年最新版!はじめての通信教育はどれを選ぶ?

※小学生向け「RISU算数」について詳しく知りたい方は、こちらのサイトも参考になりますよ!

>>RISU算数など知育教材に詳しいサイトはこちら